金属材料は単体ではなく複数組み合わせる事で性能が上がる

金属材料は単体ではなく複数組み合わせる事で性能が上がる

包丁には様々な金属材料が用いられている

ねじとナット

包丁というのは、料理をするうえでほぼ必須とも言える調理器具で、材料を切ったりするのに役立ちます。その包丁といえば基本的に金属製のもので、一般家庭でも金属で出来た包丁を使っている家庭が多いのではないでしょうか。しかし、その包丁に使われている金属材料は1つではなく、金属材料によってその特徴は大きく違うのです。
まず、一般的に使われている包丁の金属材料といえば、ステンレス鋼です。鉄をベースにクロムなどを混ぜ、鉄の強度を持ちながらも耐腐食性を高めて錆びないようにしたものです。このステンレスで作られた包丁はその特性から滅多に錆びることが無いため手入れも簡単で、さらに切れ味も落ちにくいという特徴があります。プロ用の包丁として使われる包丁が和包丁で、こちらは日本刀と同じく軟らかい軟鉄と強度の高い鋼を組み合わせて作られています。
切れ味はステンレス包丁よりも鋭い代わりに手入れが難しく、すぐに錆びたりしてしまうため一般家庭ではあまり使われていません。最近では、ダマスカス鋼で出来た包丁も登場しており、このダマスカス鋼というのは複数の金属を重ね合わせて作ったもので、ステンレスなどとは違う特徴を持ちます。金属材料で使いやすさなども違ってきますので、拘った包丁選びには素材を考慮するのも良いでしょう。

RECOMMEND POSTS

ねじとナット

包丁には様々な金属材料が用いられている

包丁というのは、料理をするうえでほぼ必須とも言える調理器具で、材料を切ったりするのに…

シルバーの時計

真鍮と呼ばれる黄銅とはどんな金属材料か

金属材料は一般的に「鉄鋼」と「非鉄金属」に分類されます。鉄鋼は工業製品に多く使われ、…

金属バットが並ぶ

意外と身近にある金属材料について

身の回りでもよく見る金属材料ですが、どのようなものを思い浮かべるでしょうか。周りを見…

銀色の計測器

金属材料はとにかくコストが大事です

金属材料はとにかくコストが重要視さることも多いです。その金属材料でなければ駄目、とい…

Copyright © 2021 金属材料は単体ではなく複数組み合わせる事で性能が上がる All Rights Reserved.